リサイクルトナーとwhat's?

リサイクルトナーとwhat's?




☆資源や廃棄物の再利用・再資源化
ごみをそのまま捨てないで、何回も繰り返し使用し、廃棄物を発生させない方法や、古紙やビン、缶のように資源として利用できるものを回収し、再度その製品の原料に加工する方法などのことをいいます。リサイクルはごみの減量化に役立つほか、省資源、省エネルギーの面からも望ましく、森林の保護、自然環境を守ることはもちろん、地球上の貴重な天然資源の節約に大いなる効果をもたらします。

            
     

廃棄物を再利用・再資源化することにより、省資源省エネルギー環境保全廃棄物の減量化といった効果が期待できます。そして最後に残ったわずかなゴミを燃料として使う。資源を循環させて、すべて使い切ることで、新しい資源を使わずに済み、地球上の貴重な天然資源の節約につながります。
リサイクルによって、私たち社会を にさせていきたいものです。
「ごみゼロの循環型社会」とは、物が循環してつながると同時に、人のつながりもなければならない社会のことです。誰もが協力し合い、ひとりひとりが心がけて継続して行けば、やがて大きな輪となり、実現することでしょう。地球の緑を守るため、私たちの未来を守るため、子供や孫、次世代の人たちのためにもリサイクルを始めてみませんか?






ゴミの激しい増加

私たちは毎日、実に多くのものやエネルギーを消費して生活しています。この日々の生活に伴って、目に見えるところで、また見えないところで様々なごみが排出され続けています。その結果、1年間に家庭等から排出される廃棄物(一般廃棄物)は、およそ5千万トン(平成10年度)に達し、東京ドームのおよそ137杯分にもなります。
このごみを標準的な2トントラックに積み込むと、2,500万台以上のトラックが必要となり、一列に並べると地球を3周以上する長さになります。さらに、工場や事業所等から排出される廃棄物(産業廃棄物)は平成10年度で約4億2,600万トン(東京ドームの1100杯分)であり、産業廃棄物は一般廃棄物の8倍の量です。

このような大量の廃棄物を処理するために、多くの時間と経費をかけなければならなくなっています。さらに、廃棄物処理に伴い発生するダイオキシン類の対策や最終処分場の不足、不法投棄の問題といった課題が生じています。

一般廃棄物の処理では、その処分場、特に最終処分場の確保が大きな問題となってきています。ごみの排出量の増加に伴って最終ゴミ処分場の残余容量は急激に減少してきています。


限りある資源を大切に・・・。

ゴミを燃やすときに、地球温暖化の大きな原因である二酸化炭素やダイオキシンなどの有害な物質が排出されています。 また海や野山にすてられたゴミが、地球の生き物たちを苦しめています。地球環境をこれ以上悪くしないで、少しでも良くするためには、リサイクルをもっと進めて、ゴミの量を減らすことが今の時代に求められていると思います。


Valuable information

保健科学東日本
わきが

最終更新日:2017/8/23